FC2ブログ

涙。。。

06 26, 2014


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


W杯 結果的にはドイツ大会のリピートでした。。。
残念。
ザックの4年間の間に、「条件が整えば強豪とも打ち合える」ことを見せてくれていただけに、残念。
ただなぁ、、、
この4年間、日本(ザック)は「左」と「ホンダ」で突き進んでしまったわけで、この半年~本大会はコレが仇となった形か。

コートジ戦は「左を潰しておけば、攻めれないし守れないだろ?」みたいな事を思いっきり叩きつけられた感じで負けて、
ギリシャ戦は「ドン引きしとけば、打つ手無しだろ?」みたいな感じは、これまで日本が苦手としてきたパターンなワケで、
コロンビア戦は、ただでさえ守備に不安があるのに、攻め上がった日本に打つ手無し、、、

ここまでやったんだから仕方ない!

、、、と思えない負けっぷり。

「もし●●だったら」
ってのが沢山出てくる負けっぷり。

とは言っても、冷静に考えれば、、、、

欧州、南米の強豪チームでもこの舞台に立てないワケで、
スペイン、イングランドでも組み合わせ次第では予選敗退なワケで、、、
結局のところそういう舞台なんですわな、W杯は。

しかも、日本も急速に成長している?とは思いますが、
世界もまたすごい勢いで進化している気がするし。

オランダ×スペイン戦しかり
コスタリカの戦術しかり

対「パスサッカー」の戦術も明確になりつつあるし。
(モウリーニョほどではないにしても)

はやり、日本にはカウンターが合ってるんじゃねぇか??
もし今回のW杯でカウンターサッカーがブラジルに勝とうもんなら、
日本のサッカー世論が変わるんじゃね???

しかも、カウンターって、日本人向きな気がするし。
みんなでかんばって守って、、、(“みんなで”は日本人得意だべ)
正確なパサー(→これは日本にも既に沢山居るべ)が一本で裏へ
そいつを、、、ジーニアス柿谷がビューティフルトラップで一振り
もしくは、ナガトーモを猛烈に走らせるべく左コーナーフラッグめがけてロングパス!
からのゴロセンタリングをザキオカさんがGKともつれながらGOOOOOL!
もしくは、、、永井クラスの快速君を前線に放置しとく&前線での相手DF事故を待つ。。。

・・・・妄想大バクハツ。

確かに攻撃的なパスサッカーは、魅力的ですけど。。。
日本には決定的に足りないモノが沢山ある気がする。。。

ドン引き相手にどう組む???

・・・ミドル。しかも枠に飛ぶヤツ。
(まぁ、打ったところでパンチ力に欠けるんですけどね。)


ドン引きと2個イチの「カウンター」にはどう対処する???
(世界のカウンターは切れ味バツグンですよー)

・・・頑張る。

コロンビア戦では世界レベルをまざまざと見せ付けられたばかりだし、
(しかもハメスとかまだ22歳??ですよ!)

・・・頑張る。気合入れる。走る!!

ソレしかないだろうなぁ。。。

「セットプレー」対策は???
この4年間でセットプレーから失点した回数は数知れず。
(世界レベルのセットプレーもまた破壊力バツグンですよー)

・・・祈る。

ソレしかないな。。。
ピルロのFKとかクロスとか、ソレくらいしかデキんでしょ。きっと。
180、190cmがざらに居る強豪国のFWには、日本は骨格から改善しないと厳しいべ。

・・・祈る&黒魔術。

でも、やっぱり欲しいでしょ。
「9番」
世界に通用する「9番」!
どうすれば育つよ。
日本のどこに居るンよ!!

・・・探す。必死んなって探す。
・・・祈る(コレもかよッ!)

でもね、、、
何気にこれが一番重要な気がする。
「9番」コイツが居れば、全て解決してくれる!
9じゃなくても、7でも8でも良い!
ヘンタイレベルにすごいヤツ!

サッカーは11人でやるんだ!

とは言いつつも、、、
なんだかんだ言って、世界各国&クラブチームには絶対的なエースが居るんですよ。
ズルいんですよ。

「みんなでサッカーしてまーす」みたいなチームでもね、
実はその1人ひとりが何らかの能力でハンパねぇ、みたいな。
(脚が異常に早いとか、筋肉バカとか、デカイとか)
ズルいんですよ。

チリのメデルとか、やばいでしょ、アレ。あの体。首。どうやったらあーなるよ。
ビダルとか、あれパンク過ぎるでしょ。
カバーニとか、あのガタイ&決定力で、試合後半誰よりも先に自陣に戻り守備ですよ。
ディマリアの切り替えしの深さと移動距離とか、1フェイクで何m移動できるんだよ。。
バロテッリの射程距離とか、下手したらキーパー水飲んでる隙に決められますよ。
劇団スアレスの1人カウンターとか、いっつも無理目のロングパスを強引にマイボールからのゴールとか。
おかしいでしょ!(噛むのはもっとオカシイけど)

頑張れよ、高校生諸君!
君らが大学に進むころには、世界ではプロ契約だけではなくトップリーグのスタメンに名を連ね、W杯に出ている選手もいる。

頑張れよ、小中学生!
いや、これから生まれてくる子供たちよ!

世界は近いけど広いぞ!!
by ウッチー

さて、、、我々は、モンドラゴンを励みに頑張りますか。。。





0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリ


最新コメント
月別アーカイブ

全記事表示リンク