FC2ブログ

iTunes と Windows と Mac と ストレス

05 09, 2017


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


もう限界。
ストレス。

原因は「iTunes 」

コイツとの関りを今すぐ断ちたい。
しかし、、、現状、代替案も無いので、、、



何年も前に手持ちのCDをデータ化した。
曲数にして8000曲くらい。

iTunes.png


とにかく、WindowsのiTunesは絶望的な動作感だし
Macもいつからこんなに使い勝手が悪くなった??
今まで快適に使えていた機能が、バージョンアップごとに使い難くなる。

ウチではNASに音楽データを入れている。
WinからもMacからもアクセスするから。

けど、NASは常に起動しているわけではない。
必要な時にだけ起動する。

で、NASを起動していない状態で“うっかり”iTunesを起動すると、、、
NASのライブラリを読み込むリンク設定が切れてしまい、ローカルPC内のライブラリを読み込んでしまう。
ライブラリ上は感嘆符(ビックリマークのあれ)が並ぶ。
もうおしまい。
その後、NASを起動してから改めてiTunesを起動しても既に手遅れ。
ライブラリへの紐付けが切れているのでNASに保存されているライブラリ情報から、改めて再構築的なことを開始して、
しばらくPCが使えない。。。
ご丁寧に8000曲のリンクを確認してるっぽい。

特にWindowsの場合、NASのHDDと同時に、PCのHDDへも恐ろしいほどのアクセスがある。
これが始まると、NASもiTunesを起動したPCもずーーーっとHDDがガリガリ、ガリガリ。。。

仮にライブラリの再構築が終了しても、一部の曲は迷子になっている。
理由は不明。
同じアルバムの曲でも、数曲だけリンクが切れてるとか。

その迷子の数曲のリンクを手動で直すと、また8000曲の再構築が再開される始末。
リンクが回復して、表面上は使えるようになるiTunesですが、
ずーーーっとHDDがガリガリ、ガリガリ。。。
ずーーーーーーーーーーっとバックグラウンドで作業されるようです。

なにコレ。

しかも。
iTunesを終了しても、
ずーーーっとHDDがガリガリ、ガリガリ。。。
ずーーーーーーーーーーっと
ずーーーーーーーーーーっと
ずーーーーーーーーーーっと
バックグラウンドで作業されるようです。


音楽を楽しむハズの時間は、大抵こんな作業で潰されるんですよね。
で数日後、恐る恐るiTunesに触れるけど、、、

その頃には得意の「バージョンアップ」ですよ。
ちなみに、iTunesがバージョンアップするタイミングでも同じことが起こる。

つまり全部やり直し。
全部再構築。

Mac環境の場合、ローカルのハードディスクへのアクセスによる影響はさほど感じませんが、
何かのタイミングで感嘆符が現れると、その日は終了。
ライブラリの再構築?に途方も無い時間が潰される。
それはWinもMacも同じ。

たまに「このディスクは読み込みも書き込みもできない」的なメッセージが出て
プレイリストを読み込んでもくれない。。。


無駄な時間とストレスが増えていく。
こんなことが発生しはじめた数年前から
iTunesに触りたくないから曲も増えない。


こんな●●で●●な●●ソフトを使う理由はないので、
MacとWindowsとNASで上手いこと音楽を管理できる仕掛けを考えないと。。。






0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリ


最新コメント
月別アーカイブ

全記事表示リンク