FC2ブログ

ハイドレーションについて考える-その3 現場にて-

08 07, 2015


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


コイツを早速現場で使う機会があった。

キャメルバック ポディウムボトル 0.75に付けてみた。
(※ワタクシのは2014年のボトル?なので、相性については自己責任でお願いします。)
ちなみに、3日使って水漏れ等の不具合は無かった。
ちなみに、ナルゲンの広口ボトルのキャップも併用してます。

当初ボトルサイズ&形状的にナルゲン オアシスで使いたかったのだが、使えなかった。

---------------------------------------------------

以下、現場~帰宅後のメンテで思うこと。

●吸引力
試した場所は3000m前後の高所。
確かにプラティパスに比べ吸引力を要するけど、多少息が上がった状況でも自分的には苦にならない程度。十分使えるレベル。

●バルブ
プラティパスのバルブ+バルブカバーと比較してもだいぶスリムになったが、何かが快適になったか?というと、、、、微妙。
正直、どちらでも良いレベルだった。
メンテも、楽になったかなぁと思いきや、ラバーパーツを外すのが地味に大変。
もう少し使い込みが必要か。

●チューブ
こいつが最大の課題。
硬い!
余ると邪魔。

今回、ボトルをザックの外に収納したので余計にチューブの取り回しに難儀した。
ワタクシの場合、チューブの取り回し的に右肩~右胸あたりにチューブ&バルブを出したい。
(トレッキングポールやカメラを左半身で処理しているため)

そうすると右手側のポケットにボトルを入れた場合、恐ろしくチューブが余る。
ちなみに、ボトルをザックの中に入れても大差なさそう&ザックの中はまだ怖い。
チューブをカットするか???

他メーカーの柔らかいチューブと取り替えても良いのだが、、、、
チューブ径が少しでも細くなったりすると、吸引力に激しく影響しそう。

現在、最重要検討事項。

---------------------------------------------------

と、こんな感じで書きましたが、概ね良好。

ハイドレーションパックの利便性も捨てがたいけど、ボトルで運用できるメリットも自分的にデカイ。
しばらくはこのスタイル&純正の状態でもうしばらく様子見かな。

それとも、キャメルバッグのバルブ&チューブをどこかのタイミングで試すか?
ってことは、ワタクシには
コイツコイツ
こんな感じがベストマッチなのか???

001.jpg



0 CommentsPosted in yama
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリ


最新コメント
月別アーカイブ

全記事表示リンク