FC2ブログ

patagonia Black Hole Pack 25L は雨に強そうでしたが、、、

10 28, 2017


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


patagonia Black Hole Pack 25L

購入以降、今現在まで大活躍なワケですが、、、、

雨。

当初、汚れや雨にも強いと思われたこのバック。
実際、ある程度の雨には強く、大変重宝していたワケですが、
つい先日、雨の中を傘も差さずにしばし歩くことになりまして、
家に帰ってみると、、、
バッグの中の荷物が濡れている。。。

DSC04530.jpg

これ、バッグの内側。

生地からの浸水は無かったのですが、
縫い目からの浸水で、中に水が入ったらしい。
特に、雨蓋とボディの結合部。
ココ

DSC04529.jpg

コレの裏側にあたる部分が、
コチラ

DSC04528.jpg

生地が泥雨に強いだけに、おしいなぁ。
雨蓋とボディが一枚生地だったら完璧だったのか??


スポンサーサイト



0 CommentsPosted in yama

Hoka one one Odyssey2 を ウルトラマラソン で使ってみた

10 25, 2017


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


Hoka one one Odyssey2 を ウルトラマラソン で使ってみた。

距離は 100km

この大会で使う前に、だいたい80kくらい日頃のランニングで使った。
1回の使用距離は10~20kくらい。
この程度では、ソールの溝が消えるようなことは無かった。

で、100k 走った後のソールがコチラ。
(レース前に写真を撮れば良かったのだが。。。撮ってない。。。)

DSC04556.jpg
DSC04557.jpg
DSC04558.jpg

ちなみに180k走る前、、、つまり新品の状態はこちら

hoka-017.jpg
hoka-020_2017102502252832b.jpg
hoka-019_20171025022530928.jpg



路面状況やフォーム、脚のヘタリ具合も関係してくると思うのでなんともいえないけど、
流石に100k後では、踵の溝が消えている。
(レース前は溝は消えていませんでした)

踵を擦りながら走ったというわけではなく、長い長い下りで消耗したのではないかと思われる。
下りはどうしても踵着地になってしまうので。。。
けどこれ、少しでも踵を擦り気味に走る人だと、あっという間削れるのではないか??

あと、一番心配していたむき出しのミッドソールの状態が意外と良いので安心した。
(少しオフロード区間もあったのだが、ぬかるんでいたことが良かったのか??)

この靴での100kは正直不安大でしたが、走っている最中の印象はとにかく良かった。
この靴じゃなかったら、ゴールまでたどりつけなかったのではないか?
と思うくらい良かった。
いつもの靴とクッションの感じがだいぶ違うせいか、いつもとは違う箇所から脚の疲労(違和感)が始まったけど
幸い悪化すること無く、ゴールまで行けた。
前半では脚に貯金を作ってくれて、後半(特に下り)では守ってくれる。
そんな感じがした。

日頃もコレばかりだと甘えた脚になりそうだわ。
大会以外ではあまり履かないでおこう(笑

けど、今回の大会を終えて、がぜん気になってきた Hoka one one 。
おそらくソールの感じは現行品も大差ないだろうから、
もう一足くらい試してみたいなぁ。




0 CommentsPosted in RUN

VENTRIX ?

10 13, 2017


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


ちょいと野暮用で Polartec Delta についてWebを徘徊しておりまして。

当然? Polartec Alpha な記事にもぶつかる訳で、本来の用事とは関係ないところに寄り道することも多々。
今時期だとなおさら(苦笑
幸い、Polartec Alpha は1枚手元にあるので物欲センサーは反応しないけど。。。

けど、偶然こんなモノを発見。
(今更ですが)



VENTRIX

ノースフェイスの独自開発なんだろうか?
高い透湿性能を備えた化繊インサレーションらしい。
化繊の隙間?切れ目?の様なところから通気するっぽいですけど。。。

海外では既にジャケットやらフーディーが手に入るっぽい。
日本でも買えるのかな??

Polartec Alpha の競合素材となりそうだけど、
日本でも展開される様になれば、そのうち比較記事も出るでしょう。

透湿性に関するスペックは眉唾&良く判らんのでスルー(笑

現時点で気になるのは2つ。

・重さ
・インナー生地
(と、値段)

まず重さ。
参考までに、パタゴニアと比較すると、、、

Patagonia Men's Nano-Air® Hoody
http://www.patagonia.com/product/mens-nano-air-hoody/84365.html
397 g
$299.00

The North Face MEN'S VENTRIX HOODIE
https://www.thenorthface.com/shop/mens-ventrix-hoodie-nf0a39nd
440 g (ちなみにジャケットでも 420 g)
$220.00

共にサイズ不明。

アウトドア関連のアイテムは重量と出費が反比例しがちですけど、
Polartec Alpha製品は総じて「安価ではない」印象ですからね。
一方で、重量と堅牢さは比例するコトも多く、、、


VENTRIXのオモテ生地はどんな感じなんだろう。
Polartec Alpha製品は表裏共に総じて“薄さ”を感じるから
ここでも差別化されるのか??

重さとは関係ないけど、シュッとしたルックスは好み。
カラーラインナップは、どうせ日本展開時には減るだろうし。


で、インナー生地。
画像から判断するに、まぁフツー。
Polartec Alphaにある、いかにも“抜けます!”って感じは見られない。
一体どんな仕掛けなんだろう。
気になる。


現物を触りたいな。
0 CommentsPosted in WARE

Fire-Maple のストーブと自分メモ

10 05, 2017


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


Fire-Maple のストーブと自分メモ

Fire-Maple
中国産ということもあり、中には当たり外れがあるようですが、手持ちの3つはまったく問題なし。
ここ数年、ずっと使ってます。
見た目も好き。
チタンの感じも好き。

手持ちにSOTO ウィンドマスターがあるのに、ここ数年すっかりベンチウォーマー

FMS-300T
重量:45g
出力:2600w

DSC04490.jpg



FMS-116T
重量:48g
出力:3500w ? (サイトによっては2800w とも)

DSC04491.jpg


DSC04497.jpg
DSC04496.jpg


FMS-117T
重量:98g
出力:2800w

DSC04492.jpg

いずれもケース付き。


DSC04498.jpg
DSC04499.jpg
DSC04494.jpg

一番最後の FMS-117T
収まっているように見えるけど、3mmほど出てます。どうやっても入らない。
自分の場合は、このカップごと一回り大きいカップに入れるので持ち運びには困らないけど。



理想は、いつ何時もFMS-300Tで済ませたいけど、(他と比べて)五徳がやや心もとないこともあり、こいつらが一斉に入団してからしばらくは
FMS-116Tがスタメンとなった。


最近のスタメンはFMS-117T
こいつ、本体があまりにも軽すぎて、ホースの硬さに負けて空身だと直ぐ転倒するのがキライであまり使っていなかったが、
コツ&微調整を覚えてから、転倒も激減。
自分的には分離式の方が使いやすくて好きなので、最近ではコレばかり。

で、FMS-300T
をお守り代わりに持って行く感じ。ちなみに今までお守りの出番は無し。


以下FMS-117T を使った自分メモ。

今まで特に気にしていなかったが、どれくらい燃料使ってるのか?
ざっくりと記録してみた。

とある日の気温は10~15度くらい?
いずれも中火&風防あり

250 ガス缶をほぼ満タンでスタート。
下記の用途で 約85g 使用
(総重量 370g⇒285g)

・炊飯×3回 (各 12分程度)
・湯沸し×3回 (各 400ml)
・焼き物×2回 (各 5分程度)


ちなみに上記の炊飯時間はちょっと短い(苦笑


別日
気温は10度くらい?
いずれも中火&風防あり

110 ガス缶をほぼ満タンでスタート。
下記の用途で 約30g 使用
(総重量 205g⇒175g)

・炊飯×2回 (各 15分程度)

まぁ、、、こんなものなの?

今度、ウインドマスターと比べてみようかな。
0 CommentsPosted in yama

Spark Sp I 自分メモ

10 03, 2017


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


Spark Sp Iでは流石に寒かった@2900m

正直、持って行くかかなり迷った。
けど数日前の山行(@2300m)では快適だったので、
天気も平気そうだし、着るもの着れば、イケる?か??

以下、自分メモ

就寝時気温は、おそらく8度くらい。

モンベル ダウン
パタゴニア キャプリーン4
ダウンパンツ

を着て、寝つきは問題なかったシュラフ内環境。
激しく疲れていたので、寝れる自信があったけど。。。

激しさを増す風でテント内には常に新鮮で冷涼な空気が流れており、
2時間程度の睡眠で寒くて起きる。

テント内で5度くらいか?

結果、朝までコース。

Spark Sp Iの設定温度はこんな感じ

DSC0420.jpg

一応、旧型です。

DSC0448.jpg

で、この設定温度はEN13537基準とのこと

つまり、、、

快適温度/標準的な女性がリラックスした姿勢で快適に眠ることができる温度
下限/標準的な男性が丸まった姿勢で8時間、起きることなく眠ることができる温度
極限/標準的な女性を基準とした生存可能な温度


「下限:8度」
起きるか起きないかは貴方次第です。

ってことよね。
寒がりな自分には、設定温度「下限」だとウェアの調整でも難しいな。。。
0 CommentsPosted in yama
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ


最新コメント
月別アーカイブ

全記事表示リンク