FC2ブログ

Arc'teryx CIERZO 28

06 23, 2017


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


Arc'teryx CIERZO 28



軽くて
小さく畳めて(パッカブルということではなく)
そこそこ容量があり
見た目が“シュッ”とした感じで
ちょっとした山歩きとか
街でも使える様な

そんなバックパックを探しており、コイツを入手してみた。
「街でも使える」を考えると、この手の袋型?トップローディング?
はどうかなとも思ったが、見た目が美しいので、、、
実際に使ってみて、たとえ街は厳しくても、山では使えるだろうと。

CIERZO-28-008.jpg
CIERZO-28-009.jpg
CIERZO-28-005.jpg


メーカーの用途的には、アタックサック的な感じっぽく、ピッケルとか着けてる絵とか見ますけど、、、
固定するパーツは2mm程度のコード。
激しく不安。。。
まぁ、コイツにピッケル付けるような場所には行きませんけどね。

ちなみに。
シンプルで単純そうな面構えですが、地味に面倒かところも。

リュック全体を圧縮する際に使う特長的なドローコード。
コード自体は伸縮性の無いモノ。
コードを引くためには、、、、

パック上部の小物入れのジッパーを開ける

中に仕込まれたコードを引っ張る

余ったコードを小物入れに収納する

ジッパーを閉じる

こんな感じ。
めんどくせぇ。。。

トップのバックルの機構も、、、

CIERZO-28-006.jpg

めんどくせぇ。。。


外部のポケットは上部のジッパーポケットだけ。
内部もiPad miniがすっぽり入るくらいのポケットが1つ。
と、ハイドレーション用のポケットとフックが1つ。

CIERZO-28-016.jpg

割り切って使える人には“使える”バックかと。


で、ワタシがコイツを入手した最大の理由。
「軽くて」「小さく畳めて(パッカブルということではなく)」
「そこそこ容量がある」
という点。

まず、空身だと恐ろしく薄い。
けど、背面とパック上部にウレタンボードがあり、生地にも張りがあるので
よくある軽量タイプやパッカブルバックパックの貧弱な感じは無い。
背負っても“くしゃ”ってならないので、空身で背負うと
グレーの板を背負っている風になる(笑)

で、この背面のウレタンパネルは取り外せる。

CIERZO-28-017.jpg

このウレタンを抜いてしまえば、“パッカブル機構”は無いけど、
ソレに近いくらい畳めるのではないか?
と思いまして。

コレばかりはさすがに店頭で試すわけにもいかず、色々調べた。
が、もちろんそんなコトの細部を公開しているページは無い。

で、どれくらい小さくなるか?

CIERZO-28-019.jpg

GRANITE GEAR AIR BAG #2
に入れてます。
#3 だとラクに入る。

使うかどうか判らないけど、とりあえずバックパックを持っていこうか。
といった時に持ち出す、、、つもり。。。

もう1つ。
街での戦闘力は?

これについては、正直見積もりが甘かった。
まず、縦長すぎて荷物の出し入れが激しく面倒。
判っちゃいるけど、街ではジッパータイプのパネルローダー?が快適か。。。
加えて、
こいつを背負って自転車に乗ると、後頭部にパックの先端が常に当たる。
で、これが地味に不快で最大の誤算(汗

荷物が入っていると、ステキなルックスなんですけどねぇ。。。

さて、本番の“山”ではどうだろ。

スポンサーサイト



0 CommentsPosted in yama

シーズンオフのお手入れ-Hestra 3-finger full leather -

06 08, 2017


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


シーズン終わりの HESTRA 3-FINGER FULL LEATHER の洗濯

ちなみに、以前の投稿

My Hestra 3-finger full leather

あれから3シーズンを過ごした程度のヒヨッ子ですが、
色々なモノから手を守ってくれてます。
そしてまだまだ使える。
もう最高ですよ。

今シーズン購入を見送ったそこのアナタ。
ゴアじゃない方 を入手すれば幸せになること間違いないですよ(笑

ゴアじゃない方は、インナーをその日の状況に応じて色々交換できますから。
インナーを外せる方が、手入れもラクだし。

で、そのお手入れ。

以下、私なりの雑なやり方です(汗
マネしないように。





1.
アウターを水(お湯)で手洗い。

IMG_0237.jpg

2.
濡れた状態でヘストラのレザーバームをひたすら擦り込む。
ポイントは手首より下は少量擦り込み、手首より上は普通に擦り込む。
手首より下にオイルを厚めに擦り込むとウェアが汚れるし、
手首より下はさほど濡れないので、使用前に別の防水加工にて対応。

IMG_0239.jpg
IMG_0240.jpg
IMG_0241.jpg

3.
乾かす。アタシの場合は日陰(外)で完全に乾燥させます。

4.
再度、ヘストラのレザーバームをひたすら擦り込む。
2回目以降は手首から下は刷り込まない。

IMG_0243.jpg


5.
3と4の行程を気が済むまで繰り返す。あたしは3セット行います。

6.
.気が済んだら終了。

IMG_0250.jpg
IMG_0251.jpg

ちなみに、シーズン中はレザーバームはあまり使いません。
もちろん洗いもしない。
シーズン前~中盤くらいで1回、中盤以降で1回擦り込むか? って感じ。

基本、コレとか



レザーバームだと、擦り込んだ直後はベタつくので
特にゴーグルやカメラなんかはグローブで触りたくない。
ので、シーズン中はこのニクワックスを使う。
これが、今までの定番だったのですが、、、

最近は、コレ



この「Collonil コロニル カーボンプロ」は便利。
ナイロンでも皮でも、ナンにでも使える。撥水も強い。
ニクワックスやった後に、コイツで仕上げる的な、
それはもうめちゃくちゃな使い方してます。

というわけで、一家に一本。

IMG_0249.jpg


0 CommentsPosted in SNOW
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ


最新コメント
月別アーカイブ

全記事表示リンク