FC2ブログ

苦行 - Nike plus のデータを garmin connect に入れてみる -

05 23, 2016


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


Nike plus garmin connect

NIKE + とサヨナラしてから1年以上経ち、いつかはやろうと思っていたNike +のデータの移行を試みた。

。。。で、この作業。
苦行以外のナニモノでもなかったワケで、コイツをネタに久しぶりの投稿。

の前に。。。
1年前のワタクシがgarminを使い始めたタイミングとほぼ同じ時期に、
Nike と garminでデータの連携ができる様にはなっていたっぽい(苦笑

知らんかった(涙


さて。
苦行のために用意したのは下記の拡張機能。

NikePlus Exporter

大まかな手順としては、

1. NikePlus Exporterを入手
2. NikePlus ExporterでNike+のデータを1データ毎ダウンロード


g-003.png

拡張機能を入れると、画面右上に「+」が追加されるので、クリック→ログイン。
すると、データの一覧が出る。
(どうでも良いことですが、このデータはNike +の使用開始当初に、電池切れで時計がリセットされていることに気づかず使ったために、2000年のデータとして記録された、その痕跡。。。ランニングを始めた時期でもあったので、記録も激遅。懐かしい。。。)

3. ダウンロードしたデータを1データずつgarmin connectにアップロード

garmin connect のアクティビティから、、、

g-001.png

「手動アップロード」でダウンロードしたデータを1つずつアップロード

g-002.png


そうです。
1データずつしかダウンロード&アップロードできないのです。
ワタクシ、約500近いデータを数日かけて移行しました。
まさに苦行でした。
たぶん頭のイイ人なら、何か方法&ツールを見つける&使うんでしょうけどね。



それでも、これから同じコトを試みようと言う方に、いくつか注意ポイントを。

そもそもNikePlus Exporterが使い難い(笑
画面がスグ閉じるのよ、これ。
で再度開くと、、、、先頭ページに戻る(涙
これが地味に厄介。

NikePlus ExporterでNike+のデータをダウンロードする際、
「GPX」か「TCX」を選べるのだが、上記の画面の挙動もあり
特に理由が無い限りは「GPX」をお勧めする。
理由は、ファイル名にデータの日付が反映されるから、作業を中断しても再開が容易。
「TCX」データの場合、ファイル名がめちゃくちゃなので作業の再開が面倒。

とは言っても。。。
どの様な理由でかは不明ですが、データをダウンロードできない場合がある。
「GPX」データがダウンロードできないけど、「TCX」はダウンロードできるってケースもチラホラ。
ワタクシの場合、ある一定期間の30データほどが両方のデータをダウンロードできなかった。

そんな時は、少々強引ですが、、、
NikePlus Exporterの画面の文字列をそのままコピ-(笑

g-004.png

で、メモ帳か何かに貼り付け。
で、このデータを元にgarmin connectに手動入力(手動アクティビティ)

まぁ、無いよりマシってことで。

スポンサーサイト



0 CommentsPosted in RUN

またまたインソール

05 07, 2016


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


さらに、インソールを2つほど入手してみた。

1つは「ZETT カップインソール BX623」
DSC02294.jpg




もう1つは「ミズノ ランニング インソール」
DSC02320.jpg



この2つ、とりあえず安い(笑
しかし「ZETT カップインソール BX623」は、基本的に野球用とのこと。

しかし。。。


まず「ZETT カップインソール BX623」
かなり硬めのウレタンなんですけど、土踏まずの盛り上がり具合がかなりイイ。

DSC02299.jpg


硬いインソールがイイか悪いかは判らんのですが、
今まで使ってきた数千円クラスのインソールを眺めると、土踏まず付近は硬いプレートで補強されたモノが多い気がする。
結果的には、インソール自体がややゴツく重くなると。

で、とあるショップで手にした「ZETT カップインソール BX623」は
全体が硬めのウレタンのみで作られていて、系統としては「Formthotics Run Dual」っぽいもの。
土踏まず部分がアーチ状に盛り上がると言うよりは、土踏まず部分が単に分厚くなっているので、シューズに入れても土踏まずの形状はずっと維持される。

そして野球スパイク用のためか全体的に細め。
しかし、コレはコレで良い。
手持ちのboston boostにピッタリ。
(アシックスとかニューバランスの、幅広めのシューズには厳しそう。)

アーチ補強の自己主張がかなり強いので好き嫌いはあると思うけど、
嵌る人は嵌ると思われる。

残念なのは表側に貼られたナイロン素材。
コレが少し滑る。。。かと思ったが、
滑り止め付きのソックス併用で問題ないレベル。


次は「ミズノ ランニング インソール」
これは使われているウレタンも、よくある純正のインソールにあるような反発系のウレタンですが、極僅かに厚め。
土踏まず部分は盛り上がると言うよりは、土踏まず部分の外形が少し特殊。
上から見るとかなり出っ張りがあるのだが、これをシューズに入れると出っ張り部分が土踏まずを圧迫してアーチ補強になるというわけ。

で、この「ミズノ ランニング インソール」の方は、new balance VAZEE PACEに最適!
つま先の余白を埋めつつ、アーチのサポートも十分。
ウレタンのみの整形なので純正インソール並みに軽量。


で、あまりに気に入ったので「ZETT カップインソール BX623」でフルを走ってみたのですが。。。
アリです。このインソールはアリです。

細身のシューズ用に「軽量」「アーチサポート」「衝撃吸収は必要ない」なインソールをお探しの方。
お試しいただく価値はあるかと。
0 CommentsPosted in RUN
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ


最新コメント
月別アーカイブ

全記事表示リンク