FC2ブログ

またも腸脛靱帯炎(+α)

01 28, 2018


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


去年は、ずーーーーーーーーっとどこかしらが痛かった。
そして、最後の最後で再び腸脛靱帯炎を発症してしまった。

前回は右足
今回は左足。

しかも、腸脛靱帯炎 にプラスして、膝裏の腱も痛めた。

原因はおそらくウルトラの疲労かとは思われるが、
その膝の疲労状態に気づかなかった自分の鈍感が、一番の原因かも。
さらには、違和感に気づいた時にも、楽観的な気持ちでランニングを続けてしまったことが
故障をさらに悪化させた。

まぁ、ランニングする人の“あるある”ですかね(苦笑



今回は、徐々に痛みを感じたと言うよりは、とある日のランニング中の
ほんの数分の間に発症した。


昨年秋に、ウルトラマラソンを走り、なんとか制限時間内にゴールした。
大会直後も翌日も予想以上に身体は平気で、
そのことがとても嬉しくて、3日後には軽くランニングを再開してみる。
で、その日のランニングでもまぁまぁ普通に走れて、
そのことがさらに嬉しくて、大会の1週間後には普段走る距離の中でも
比較的長めの20kのコースを走ってみた。

その日の8kくらいの地点だったか。
左足の膝裏に普段感じたことの無い違和感。

違和感があっという間に痛みに変わり、
その数分後には左膝の腸脛靱帯あたりに強い痛み。
崩れる感じで立ち止まった。

「痛み出して間もないし、明日休めば」
と楽観的に考えていた。

少し歩いて、ランニング再開。
けどスグ膝裏に痛み→左膝の腸脛靱帯あたりに痛み。

今からコースを変えても、家まで6kくらいはある。
とりあえず、少し歩いて→少し走るを繰り返して、なんとか家に戻った。



「左足の膝裏に普段感じたことの無い違和感」
この時点でランニングは止めるべきだった。
。。。というコトを思うようになったのは、2~3日後ですが(笑)


自分の場合、普段のランニングで脚に疲労や違和感が出るのがいつも右足。
なので、ウルトラマラソンの時は右足に最大限注意しながら
右足を大切にしながら走った。

結果、両足共に大きなトラブル無くゴールできたワケなのですが、
今思うと左足に大きな負荷が掛かっていたということか。

そして、その疲労を実感する以上に、大会後にフツーに走れている
自分にテンションが上がっていて、疲労に気づかなかった。

脚が痛み出した翌日には日常生活でも痛むくらいになり、
さすがにその日は走るのを止める。

しかし、、、
(ここからもランナーあるある??)

2日も経つと日常生活では痛くないので、
「おっ、いけるかな?」と思いランニング再開

2kと経たずに痛み再発

2~3日休む

ランニング再開

痛み再発

2~3週間くらいはこのリピート。
もうかなりのストレス。

ウルトラのゴールが、何かステップアップするきっかけになるハズだったのに、
かなりの落差でステップダウンしている気分。
そしてその落下速度がかなり速く感じる。


腸脛靱帯の炎症は休めば休むほど回復していく実感があり、
痛みの出方もハッキリしているので練習も止めやすかった。
厄介だったのは、膝の裏の痛み。
回復が鈍いというか遅いというか、、、
日によって痛みの出方が異なる感じ。

痛みが出る順番も決まっていて、
必ず膝裏→膝の外側(腸脛靱帯炎)

完全に休めば良いのですけどね、、、
体力の落下速度を少しでもマイルドにしたいがために、少しでも走っておきたい。
これもランナーあるあるですかね。

こんな状態では、たとえ走っても体力維持にすらならないことは
十分理解しているので、とにかく「今日身体動かしましたよ」と
脳を騙す程度のランニングでしばらくの日々を過ごす事にした。

痛み出してから、最初の一ヶ月。
出だしなんともなくても
2k走ると測ったかの様に痛みが出た。
その後は、2k歩いて家に戻る。

しかし、さらに10日くらい経過すると、
たまに3kくらい走れる日が出てくる。
そのまま走り続けたいけど、グッと我慢。
違和感を感じたら即中止。

数日後には3.5kくらいまで伸びる。
まだ我慢。
違和感を感じたら即中止。

とにかく区切りの良い距離とか時間とかは一切気にせず、
左膝の違和感にだけ集中し、違和感を感じたら即中止。
(どうしても、切りの良いところまでやりたくなってしまう。
家(ゴール)が近いと、そこまで走りたくなる。
これもランナーあるあるでしょうか。。。)

年末には、やや膝裏に違和感が残るも
10k以上は走れるところまで回復。
ランニング中も、ランニング後も違和感なく。

年始はしばらく走れない&食べるだけなので、
ここで一気に改善するのでは??
と期待感。

年明け、実際に膝がとても調子よく、
痛み出してから、初の20k越えのランニング。
もうランニング中の嬉しかったこと。

しかも、ランニング終了時点でも膝が痛くない!
この時点で、痛み出してから2ヶ月は経過している。

ようやく治った感!
長かった!





しかし、その日夕方の買い物中、膝ウラにフツーに歩けないくらいの違和感が再発。
幸い、腸脛靱帯は問題なさそう。
2日程度休んで、ランニングを再開できたけど、
5k位で違和感を感じる。。。振り出しに戻った感。

先週時点で、15k程度走っても当日はもちろん翌日も問題なく走れる状態まで回復(?)。

痛み出してから既に3ヶ月程度経過。
初期の段階でランニングを止め、完全休養していたら
進捗もまた違ったのかな?


ウルトラ出場前の自分に戻したいけど、、、
先は長いなぁ。




























スポンサーサイト



0 CommentsPosted in RUN

Hoka one one Odyssey2 を ウルトラマラソン で使ってみた

10 25, 2017


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


Hoka one one Odyssey2 を ウルトラマラソン で使ってみた。

距離は 100km

この大会で使う前に、だいたい80kくらい日頃のランニングで使った。
1回の使用距離は10~20kくらい。
この程度では、ソールの溝が消えるようなことは無かった。

で、100k 走った後のソールがコチラ。
(レース前に写真を撮れば良かったのだが。。。撮ってない。。。)

DSC04556.jpg
DSC04557.jpg
DSC04558.jpg

ちなみに180k走る前、、、つまり新品の状態はこちら

hoka-017.jpg
hoka-020_2017102502252832b.jpg
hoka-019_20171025022530928.jpg



路面状況やフォーム、脚のヘタリ具合も関係してくると思うのでなんともいえないけど、
流石に100k後では、踵の溝が消えている。
(レース前は溝は消えていませんでした)

踵を擦りながら走ったというわけではなく、長い長い下りで消耗したのではないかと思われる。
下りはどうしても踵着地になってしまうので。。。
けどこれ、少しでも踵を擦り気味に走る人だと、あっという間削れるのではないか??

あと、一番心配していたむき出しのミッドソールの状態が意外と良いので安心した。
(少しオフロード区間もあったのだが、ぬかるんでいたことが良かったのか??)

この靴での100kは正直不安大でしたが、走っている最中の印象はとにかく良かった。
この靴じゃなかったら、ゴールまでたどりつけなかったのではないか?
と思うくらい良かった。
いつもの靴とクッションの感じがだいぶ違うせいか、いつもとは違う箇所から脚の疲労(違和感)が始まったけど
幸い悪化すること無く、ゴールまで行けた。
前半では脚に貯金を作ってくれて、後半(特に下り)では守ってくれる。
そんな感じがした。

日頃もコレばかりだと甘えた脚になりそうだわ。
大会以外ではあまり履かないでおこう(笑

けど、今回の大会を終えて、がぜん気になってきた Hoka one one 。
おそらくソールの感じは現行品も大差ないだろうから、
もう一足くらい試してみたいなぁ。




0 CommentsPosted in RUN

Hoka one one Odyssey2 を使ってみて

08 18, 2017


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


Hoka one one Odyssey2
を何回か使ってみての感想。
いつものランニングコース=舗装路で。

当たり前ですが、店内での試着とはまったく違う印象や判らなかったところが色々出てきた。

■ソールの厚み
試着段階ではソールの厚みから、なかなかの違和感があったけど
走り始めて5分もすればまったくフツーの靴。

■フィット感と靴紐
靴紐の締め上げが難しい。
シューズのアッパーの材質やコーティングと
靴紐の材質との相性によるところかと思うけど
ビシッっと締めても、走っている間に徐々に爪先側から緩み
足首上部だけ圧迫される感じがある。
ツルツル系の靴紐にありがちなヤツです。
ちなみに靴紐の長さは120cmで平紐
紐を替えれば変るかな??
シューズのアッパーが馴染むと、また違うとは思うけど。

■走り方
まず何も考えずに走ると、クッションの良さが楽しいのだが、
いつもより足の筋肉を使っている印象。
クッションを感じている=踏ん張っている??
自分的に、この走りでは長距離は持たない。

で、靴底の形状(ロッカーってやつ?)を意識しながら、
靴の形状に合わせているであろう足の運びで走ると、
いつもとまったく違うので、それはそれで疲れる気がする(笑

けど、歩幅とか色々調整しながら走ると、とても楽に走れるポイントもある。
これなら長く動けそうかなとも思うけど、これはこれでまぁまぁ遅い(笑
そういう靴かな?

色々模索しながら、しばらく楽しめそうだわ

■かなり気に入ったところ
坂道。
登りも下りも。

登りはソール形状のためか、足首の屈曲がいつもより浅い気がする
(たぶん気がするだけだと思う)
加えて、登りになるとソールからの反発も強めに感じるので、諸々足を運び易い印象。
自分的には登りでは歩幅を狭くすると、とにかく楽だった。

さらに下り。
この感じは、アディダスのエナジーブーストを大きく上回る感覚。
下りでソール形状を意識しながら、回転数を上げて走ると、物凄く加速してしまう。
とにかく足が良く動く。
踵から思いっきりヒールストライク気味に走っても、まったく平気。
むしろ気持ちいい。ボヨン、ボヨン。
脚がガス欠状態だとどうしても踵着地になるけど、そんな時には物凄く心強いのではないか?



というわけで、Hoka one one
むしろ山で使いたい。
と、一瞬だけ思った(笑
まぁ、この厚底ですからちょっとした足首の捻転が重篤な怪我になるんじゃないか?
とか
ミッドソールむき出しですから、果たしてどの程度の耐久性があるのか。。。
諸々不安は尽きないけど、1回は山で使ってみたい。

0 CommentsPosted in RUN

Hoka one one Odyssey2

08 16, 2017


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


ついに、甘えシューズの頂点?
Hoka one oneに手を出してしまった。

と言っても、新型を導入する勇気はありません。
ランニングニューズとしてはバ●(ア●?)みたいなプライスタグだし。

というわけで、いつもの様に
この値段なら失敗しても良いかな?
というセール品で、しかもディスコン物を入手。

遅蒔きながらのコレ

hoka-015.jpg

Hoka one one Odyssey2

ディスコン品とは言え、購入にあたっては色々試着は重ねた。
新型~旧型まで。
ロード用からトレイル用まで。
何せこのカタチで、このアウトソールの薄さですから。。。

hoka-018.jpg
hoka-019.jpg


フツーのランニングシューズは
「ミッドソールが削れたらそろそろ、、、」
って感じだと思う。
けどこの靴に限っては、、、どうなんだろ(笑

まぁ、色々興味があり入手してみたと。

で、もし気に入れば、次は「クリフトン」あたりを使ってみようかと。
で、この厚底に慣れてきたら、「チャレンジャー」あたりを使ってみようかと。

ちなみにこのオデッセイを購入するときにも、クリフトンと迷った。
試着した感じがクリフトンよりも少しシッカリしてたところが良く、
ローリング?がクリフトンよりもほんの少しマイルドだったところも安心感があった。
それくらいクリフトンのローリング感は独特。
オデッセイでも十分個性的。

さて、、、どんなもんだろ。




0 CommentsPosted in RUN

MIZUNO Wave Creation 17

01 05, 2017


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


DSC02767.jpg

はい。
18ではなく今頃「17」
ミズノ ウェーブクリエーション

あまり大差無さそうだったので、セールで安かった「17」を。
それでも、アディダスあたりのシューズと比べるとナカナカのお値段。
まぁ、元々の定価が、、、

クッションがソコソコあり、硬くて重めのシューズを探していたところで
試しに履いてみようかと。

第一印象は「ソールが硬い」
クッションと言うよりはシャンク?が硬い。

アッパーは柔らかい。

踵の収まりはコレまでの手持ちのシューズと比較してもかなり良い。

インソールが滑る(笑

手で持つと、重さを感じる。

ドロップが大きいのかソールの形状なのか、
足が前に出すぎる感じがする。。。


で、この靴。
最大の特徴は「MIZUNO WAVE」「INFINITY WAVE」ってことで、通常ミッドソールにあるはずのスポンジを硬質素材のプレートに置き換えたというシロモノ、、、

ex_01.png


どうなんでしょう?
興味深い(笑

とにかく、ここまで変わると履いて&走ってみないことには判らん。

で、さっそく年明けから使用開始。
とりあえず、20k程度走ってみた感じでは、、、

硬い。
厚底感も強いけど、とにかく全体的に硬い。
衝撃を感じるわけではなく、単に感触が硬い。
あまりに硬くて、反発感とか良く判らない(苦笑
全体的に硬いけど、、、フツーに走れる。
おそらくは、足を包むアッパーの部分の出来が自分の足にあっているのかな。
履き心地&走った時のシューズ内の環境はとても良い。
GT-2000 ニューヨークの時は足が深い位置でホールドされる感じと、
全体的な硬さ&ソールの厚さのためか、足が上手く使えない感じがあったが、
この靴は硬くて重い&ソールがヘンタイなわりに、フツーに走れる。
靴の重さも20k程度じゃまったく苦にならない。

ソールに関して。
自分の場合、アディダスのエナジーブーストくらいソールにBoostが入っていると
着地した瞬間に全方にグラつく感じがする。
ボストンくらいののブーストフォームでも、グラつきが気になる時もある。
wave creationはその様なグラつく感じはまったくしない。
単に硬いだけではなく、常に“支えられている”感じ。

第一印象としては好印象な結果。
0 CommentsPosted in RUN
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリ


最新コメント
月別アーカイブ

全記事表示リンク