FC2ブログ

充電式の空気入れは便利か?

02 09, 2018


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


まぁ、便利と言えば便利。


充電式の空気入れがあると便利かな?
と思ってはいたけど、ずっと「欲しいものリスト」に入ったままだったコイツ。



150PSI充電式空気入れ KUFUNG携帯型電動ポンプ 米式/英式/仏式バルブ対応 車/自転車/モーターバイク/浮き輪




タイムセールに負けて、買ってしまった。


ロードバイク的な細い高圧なタイヤだから?か、マイバイクに乗る前、
かなりの頻度で空気を入れることになってまして、
もう日常茶飯事なのでたいした労力じゃないのですが、
でも今時期、つまり冬の厚着状態で空気入れるのはまぁまぁ面倒。

ウチの空気入れ。

シリカとヒラメ

DSC05089.jpg


これで十分快適なんですけどね。


で、今回入手した
150PSI 充電式空気入れ
KUFUNG 携帯型電動ポンプ
米式/英式/仏式バルブ対応 車/自転車/モーターバイク/浮き輪

長いから、「充電式空気入れ」。

コイツを、仏式バルブに使うときの自分メモ。
(一応、日本語の取説ついてますけどね良く判りませんでした。。。)

以下、あくまで自分のやり方なので、マネする場合は自己責任でお願いします。


まず機材の準備。

DSC05092.jpg


銀色の小さいアダプタ。
クイックレバー付きのチューブ。
空気入れ本体。

右下の「銀色の小さいアダプタ」
コイツをタイヤのバルブに差し込む。

「充電式空気入れ」本体に、クイックレバー付きのチューブを接続する。
この空気入れ、ネジ式のチューブも付属しているけど
クイックレバー付きの方が、快適かな。

で、このクイックレバーとタイヤに取り付けたアダプタを固定する。

DSC05097.jpg

レバーを倒してロック。
DSC05096.jpg

で、空気入れの操作。
電源ボタンが「押し込まれている状態」で電源オフ? スタンバイ状態??
とにかく、この状態なら空気の注入はされない。

DSC05099.jpg

この状態で、1度UNITボタンを押すと、LCD点灯。
これで電源オンに。
(ちなみに、電源オフの状態で電源ボタンを押すと、反対側のLEDライトが点灯する。)

DSC05103.jpg

LCDが点灯したら、UNITボタンを数回押して「単位」を決める。

「単位」を決めたら、+と-で設定目標値を決める。

設定値を決めたら、設定値が点滅→表示が「0」に戻る。
この状態でスタンバイOK

(で、この先空気注入時に大音量が出るので、初めて使う人はそのつもりで。)

押し込まれている電源ボタンを、クリック音が鳴るまでさらに押し込み、
押し込んだボタンを離すと、大音量と共に空気の注入開始!

空気注入中に電源ボタンを「半押し」すると、
空気の注入が一時停止する。

半押し状態=クリック音がしない程度にボタンを押す

半押ししているボタンを離すと、注入再開。

設定値まで注入されると自動的に止まるけど、、、
心配なので、自分はタイヤの触感で止めてます(笑

完全停止するときは、電源ボタンをクリック音がするまで押し込む。

LCDはしばらく点灯しているけど、そのうち消える。
強制的に消す(電源オフ)ときは、UNITボタンを長押し。

この手順が馴染むまでは、エライ面倒だった。
けど、だいぶ慣れてきて、今現在は、、、、








やっぱり、シリカとヒラメ使ってます(笑



興味のある人はどーぞよろしく。


150PSI 充電式空気入れ
KUFUNG 携帯型電動ポンプ
米式/英式/仏式バルブ対応 車/自転車/モーターバイク/浮き輪



けど、こっちの方が幸せになれるかなと。










(まぁ、これはホームセンターで入手できるホースバンドでも十分だけど、)





こんなんがあるのは知らなかった。
シリカのポンプヘッド。






スポンサーサイト



Danner light 1

02 07, 2018


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


今年、何かと出番が多い マイファースト ダナー

Danner Mountain Light
ダナー マウンテンライト
サイズ US8.5 ( 26.5cm )
ワイズ EE


DSC05053.jpg

まだ6年?7年?
世の先輩たちから比べたら、まだまだヒヨっこ。
(載せるにあたり磨いたりして)

自分的には Mountain Light の守備範囲で十分事足りていたけど、
同じ守備範囲で「黒いの」が居ても良いかなと。
と、いうのは完全に後付の理由で、
単にとある日とある街中で「見てはいけないモノを見てしまった」がために
急遽高額の契約金にて、新加入したのがコレ

Danner light 1 Black
ダナーライト

DSC05030.jpg

「味出し」と「放置」は別であると。
放置してある傷はキズでしかないけど
メンテされているキズはその人その靴の「味」
そんな雰囲気を垂れ流していた、あのダナーライトに出会わなければ。。。


で、加入に向けて悩んだのがサイズ。

ダナーに限らず、特にブーツについては人それぞれ
好みの履き方、フィット感があるかと思う。
特にダナーライト、マウンテンライトはインソールが無いので
どう履くか?でさらに変わってくるのかな。
(本来はインソール無し&厚手のソックス着用が前提のブーツらしい)

自分の場合、インソールは必須。
ブーツと自分の足(と腰)の保護のため必ず入れる。

インソール+やや厚めのソックス
これでフィットするサイズが理想。

自分の足はこんなサイズ。

http://blog-imgs-78-origin.fc2.com/n/i/n/nin007/P3180047-3.jpg

マウンテンライトの時は US 8.5 に着地した。
ちなみにインソールは、3mm位の薄めのやつを入れている。
履き馴染んだら厚めのインソールに替えるか?と思いつつ、
履き馴染んだ今も同じインソールを入れている。

革の伸びシロ&馴染みを見越して「US 8」もアリだったけど
今の履き心地を考えると「US 8.5」で正解だと思われる。
けど、、、正直なところは、もう少し革が伸びてきたら
もう少し厚いインソールを入れたい(笑
(腰が・・・)

という、マウンテンライトを物差しに
ダナーライトを選ぶにあたり選んだサイズは「US 9」
薄いインソール+厚手のソックス
なら8.5がベストに感じたけど、マウンテンライトと比べて
土踏まず~踵までが細身の作りということもあり
なかなかのフィット感。
どちらでも良かったけど、今回は0.5UPしてみた。
(最初から厚いインソールで腰に優しいダナーにしたかったのは内緒)

今回、5mm位のフカフカのインソールを入れられるので
履き心地はかなり良い。& 腰にやさしい(笑

マウンテンライトの時は、馴染むまでに時間を要した。
履き口~足首まわりが、馴染むまで少し大変。
足の中は当初からフィットしており、特に甲の部分は気持ちよい。

履き慣れた今現在は、かなり快適だけど、
それでも舗装路を長時間歩くのは、シンドイ(汗
見た目の通り、アウトドアでこそ本領発揮な靴ですね。
(だからこその MOUNTAIN PASS か )

一方、ダナーライト。
自分の場合、土踏まず~踵のフィット感がかなり良い。
で、柔らかい。

マウンテンライトは、店頭で手に持った時の印象と
履いたとき&履き慣らしの印象が大体同じ。

けどダナーライトは、店頭で手に取った時は
「硬い・重い」印象が、しっかり履いて歩くと「柔らかい」
(重いけど)

歩きやすさは断然ダナーライトが快適。
(重いけど)

。。。そう。
重い。

DSC05033.jpg

DSC05035.jpg

自分にとっては「ライト」では無い。


まぁ、大事に育てて、“あの”ダナーライトの様に履きたいものです。




なんか、セダーレインボーも欲しくなってきた(笑



ブラックのマウンテンライトも惹かれる。


で、ビックリしたのがコレ



日本製?
日本企画??
ABC-mart 企画???
こんなの作るって、どこの誰がGOサインを出したのか。。。






0 CommentsPosted in WARE

またも腸脛靱帯炎(+α)

01 28, 2018


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


去年は、ずーーーーーーーーっとどこかしらが痛かった。
そして、最後の最後で再び腸脛靱帯炎を発症してしまった。

前回は右足
今回は左足。

しかも、腸脛靱帯炎 にプラスして、膝裏の腱も痛めた。

原因はおそらくウルトラの疲労かとは思われるが、
その膝の疲労状態に気づかなかった自分の鈍感が、一番の原因かも。
さらには、違和感に気づいた時にも、楽観的な気持ちでランニングを続けてしまったことが
故障をさらに悪化させた。

まぁ、ランニングする人の“あるある”ですかね(苦笑



今回は、徐々に痛みを感じたと言うよりは、とある日のランニング中の
ほんの数分の間に発症した。


昨年秋に、ウルトラマラソンを走り、なんとか制限時間内にゴールした。
大会直後も翌日も予想以上に身体は平気で、
そのことがとても嬉しくて、3日後には軽くランニングを再開してみる。
で、その日のランニングでもまぁまぁ普通に走れて、
そのことがさらに嬉しくて、大会の1週間後には普段走る距離の中でも
比較的長めの20kのコースを走ってみた。

その日の8kくらいの地点だったか。
左足の膝裏に普段感じたことの無い違和感。

違和感があっという間に痛みに変わり、
その数分後には左膝の腸脛靱帯あたりに強い痛み。
崩れる感じで立ち止まった。

「痛み出して間もないし、明日休めば」
と楽観的に考えていた。

少し歩いて、ランニング再開。
けどスグ膝裏に痛み→左膝の腸脛靱帯あたりに痛み。

今からコースを変えても、家まで6kくらいはある。
とりあえず、少し歩いて→少し走るを繰り返して、なんとか家に戻った。



「左足の膝裏に普段感じたことの無い違和感」
この時点でランニングは止めるべきだった。
。。。というコトを思うようになったのは、2~3日後ですが(笑)


自分の場合、普段のランニングで脚に疲労や違和感が出るのがいつも右足。
なので、ウルトラマラソンの時は右足に最大限注意しながら
右足を大切にしながら走った。

結果、両足共に大きなトラブル無くゴールできたワケなのですが、
今思うと左足に大きな負荷が掛かっていたということか。

そして、その疲労を実感する以上に、大会後にフツーに走れている
自分にテンションが上がっていて、疲労に気づかなかった。

脚が痛み出した翌日には日常生活でも痛むくらいになり、
さすがにその日は走るのを止める。

しかし、、、
(ここからもランナーあるある??)

2日も経つと日常生活では痛くないので、
「おっ、いけるかな?」と思いランニング再開

2kと経たずに痛み再発

2~3日休む

ランニング再開

痛み再発

2~3週間くらいはこのリピート。
もうかなりのストレス。

ウルトラのゴールが、何かステップアップするきっかけになるハズだったのに、
かなりの落差でステップダウンしている気分。
そしてその落下速度がかなり速く感じる。


腸脛靱帯の炎症は休めば休むほど回復していく実感があり、
痛みの出方もハッキリしているので練習も止めやすかった。
厄介だったのは、膝の裏の痛み。
回復が鈍いというか遅いというか、、、
日によって痛みの出方が異なる感じ。

痛みが出る順番も決まっていて、
必ず膝裏→膝の外側(腸脛靱帯炎)

完全に休めば良いのですけどね、、、
体力の落下速度を少しでもマイルドにしたいがために、少しでも走っておきたい。
これもランナーあるあるですかね。

こんな状態では、たとえ走っても体力維持にすらならないことは
十分理解しているので、とにかく「今日身体動かしましたよ」と
脳を騙す程度のランニングでしばらくの日々を過ごす事にした。

痛み出してから、最初の一ヶ月。
出だしなんともなくても
2k走ると測ったかの様に痛みが出た。
その後は、2k歩いて家に戻る。

しかし、さらに10日くらい経過すると、
たまに3kくらい走れる日が出てくる。
そのまま走り続けたいけど、グッと我慢。
違和感を感じたら即中止。

数日後には3.5kくらいまで伸びる。
まだ我慢。
違和感を感じたら即中止。

とにかく区切りの良い距離とか時間とかは一切気にせず、
左膝の違和感にだけ集中し、違和感を感じたら即中止。
(どうしても、切りの良いところまでやりたくなってしまう。
家(ゴール)が近いと、そこまで走りたくなる。
これもランナーあるあるでしょうか。。。)

年末には、やや膝裏に違和感が残るも
10k以上は走れるところまで回復。
ランニング中も、ランニング後も違和感なく。

年始はしばらく走れない&食べるだけなので、
ここで一気に改善するのでは??
と期待感。

年明け、実際に膝がとても調子よく、
痛み出してから、初の20k越えのランニング。
もうランニング中の嬉しかったこと。

しかも、ランニング終了時点でも膝が痛くない!
この時点で、痛み出してから2ヶ月は経過している。

ようやく治った感!
長かった!





しかし、その日夕方の買い物中、膝ウラにフツーに歩けないくらいの違和感が再発。
幸い、腸脛靱帯は問題なさそう。
2日程度休んで、ランニングを再開できたけど、
5k位で違和感を感じる。。。振り出しに戻った感。

先週時点で、15k程度走っても当日はもちろん翌日も問題なく走れる状態まで回復(?)。

痛み出してから既に3ヶ月程度経過。
初期の段階でランニングを止め、完全休養していたら
進捗もまた違ったのかな?


ウルトラ出場前の自分に戻したいけど、、、
先は長いなぁ。




























0 CommentsPosted in RUN

雪遊び用のリュックを見直した- OSPREY Kamber 42 -

01 27, 2018


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


先日から検討を重ね、
今回の着地点は「OSPREY Kamber 42」となりました。




最後まで、Chugachと迷った結果
決め手になったのは、単なる期待感。

「OSPREYのザックは、現場で出会うことが多いので、使えば判る良さがあるのではないか?」

それだけ。
そんな淡い期待。

正直買う前から不安点も多々有ったモノだけど、ここは1つ使ってみようと。
自分では気が付かなかったことが現場では判るかも??


で、早速いくつか山行&ゲレンデなどで使ってみたワケです。
しかも、このリュックの使い勝手を確認すべく
スプリットではなく久しぶりのスノーシュー出勤までやってみた。

以下は私感。
特に過去に使った、 deuter Freerider や AkのPack、THE NORTH FACE Chugach と
比較した感じで、思ったことを。


まず思ったのは、何をヤルにも手数がかかるということ。
ギミックに懲りすぎと言うか、今ひとつ詰めきれて無い様に感じるというか。

余り使うことは無いけど、ザックトップのメイン気室へのアクセス。
メイン気室内にバックルのメス側が入っている複雑な形状。

Osp_Kam_015.jpg
Osp_Kam_020.jpg
Osp_Kam_019.jpg

これは一体どの様なメリットがあるのだろうか。
ロープなどをまとめるにしても、もっとスマートな方法がありそうなもんだけど。


このリュックは雨蓋を外しても、リュック側に簡易的な雨蓋が縫い付けてあるので
雨蓋を外して少し軽量化を図ることができる。

ちなみに、取り外した雨蓋だけでも250gオーバー

Osp_Kam_013.jpg


これは雨蓋内にヘルメットホルダーが収納されていることもあるけど、
それにしても重い。


で、リュック側の簡易雨蓋。
縫い付け部が微妙に気持ち悪く、荷物の容量に関わらず
装着具合がとても気持ち悪い。

Osp_Kam_025.jpg
Osp_Kam_026.jpg




ショルダーベルトのバックルの取り付け位置が絶妙に具合が悪く、
ショルダーベルトを外した状態で雨蓋を閉めてしまうと、
バックルが雨蓋の内側に入り込むことも多々ある。

Osp_Kam_028.jpg

このバックルが、、、

雨蓋の内側に、、、

Osp_Kam_027.jpg


で、グローブをしてるとバックルが取り出しにくい。
グローブを外すか、雨蓋を外すかしないと取り出せない(笑
これが地味に面倒。



自分的に一番使い勝手が気持ち悪いのが「ストックの固定」方法。
と言うか、このザックは「ストックを固定する」ということについてはほぼノーギミック。
「ストラップの間にでも挟んでおけば?」的な感じ。
まぁフツーといえばフツーなんですが。
そもそも「スキーヤー」のリュックであるが故なのでしょうか?

ふとこの辺で疑念が。
現場でよく見かけるオスプレーのリュックって、、、
実は大半がスキーヤーだったのではないか?と(汗


このリュックではスノーボードやスノーシューを固定するストラップと
リュックサイド、つまりストックを固定するであろうサイドのストラップが
一本のストラップで繋がっているので、一箇所緩めると全部緩む。
これがとても面倒。

その代わりのギミックなのでしょうか?
バックルが少し特殊。

Osp_Kam_005.jpg
Osp_Kam_006.jpg

これについては、別にあっても無くてもってなギミック。

まぁ、このストック固定については、もちろん知ってて購入したワケで、
一本締めの方が、実は好都合なことが有るのでは?
このバックルが何か快適さをもたらしてくれるのか??

と淡い期待を持って購入したのですが、
その期待は現場で一蹴されました(涙

やはりスノーボーダー的には、リュック側面のコンプレッションベルトと
リュック背面のスノーシューや板固定用のストラップは別になっている方が良い!

スノーシューのスノーボーダーは常に何かを背負っているワケで、
現場によってはストックだけの脱着も頻繁に行われることもあるかもしれない。
そんな時にいちいち背面のストラップが緩むと、とても面倒。

まぁ、色々不満ばかり並べましたけど、
期待していた硬性については期待通り。
少なくとも、 Chugach 28Lに無理やり詰め込んでいた荷物は余裕で入るし
その状態での背負い感もシッカリしてる。

ストックの固定について慣れてくれば or 何か対策をすれば
長く使えそうかな。
とりあえず頑丈そうな造りだし(笑
上手くいけば、長い付き合いになりそうな気もする。











0 CommentsPosted in SNOW

バリスタ50のコーヒータンクを分解&洗浄 -自分メモ-

12 30, 2017


このページは移転前の古いページです。

新ページは「 https://beno-memo.net/ 」です。


DSC04863.jpg




ネスレ バリスタ 50



コイツのコーヒータンクを分解&洗浄

の前に、

タンクに貼り付けてあるシールを剥がしたかったワケだが、、、


DSC04867.jpg

DSC04871.jpg

糊が残って剥がし難い。
この手のシールはホント嫌い。
(最終的には温めて剥がしたけど)

以下の記載は自分用のメモなので、同様の分解は自己責任でお願いします。

購入直後の給水タンクやコーヒータンクですが、まぁまぁ汚れてます。
細かいプラスチック片?の様な、何か黒いカスの様な、とにかく何か微細な汚れが付着しており
そのままでは使う気になれない。

給水タンクは水洗いで簡単だけど、
コーヒータンクは説明書程度の洗浄ではやや不安。

コーヒータンクは4つのパーツで組みあがっている。

・コーヒータンク
・計量器プレート No.1
・計量器底版 N0.2
・計量器本体 N0.3

基本的には水洗い(漬け置き)でキレイになるシンプルな構成なのですが、
「計量器本体 No.3」だけは中心の黒いパーツを取り付けたママでの洗浄が前提。
どうせなら、この黒いパーツも取り外し、
コーヒータンクで使われているゴムパッキンできなモノも全部外して
キレイに洗浄したい。

と思い、全部外せそうだったので、

DSC04878.jpg

さらに、分解。(分解は自己責任で!)
計量器本体 N0.3 の中央の黒いパーツ

DSC04874.jpg

ちなみに、この黒いパーツ。
中にスプリングやら黒い棒状のパーツやら、U字型のワイヤーなどが
完全に固定されていない状態で組み付けてあるので、
外した瞬間に「バラっ」となり易いので要注意。

組み方メモ1

DSC04876.jpg

組み方メモ2
中央の黒い棒を押し下げると、計量器底版 No.2が回る仕組み

DSC04886.jpg
DSC04884.jpg


で、このバリスタ。
とっても便利ではあるのだが、
あと少し都合よく使えたら最高なんだけど。

・デフォルトメニューで使用するコーヒーの量自体を調整したい
・カフェラテやカプチーノも色々調整したい
・ラテ系で牛乳を使うと、コップの形状によってはかなり飛散する
・コーヒー抽出部の上下位置を少し調整できたら尚良い

まぁ、お手頃価格だから贅沢は言えませんかね。

けど、ラテで牛乳使った時の飛び跳ねについては、悩ましい問題なので改善したい。
まぁ、ネスレ ブライトを使えばだいぶ軽減されるし味も良いのですが
このバリスタ、デフォルト設定だとどのメニューも自分的には少し味が濃いのです。
なので「牛乳」を使うとだいぶマイルドになるので、牛乳で作りたいところ。

で、普段使っていたコップでラテを入れると、、、

DSC04887.jpg

画像はお湯だけのテストなので透明の水滴ですが、実際はミルクで白くなるわけです。
これ、衛生的にはねぇ、、、
ちなみに、上だけじゃなくカップ周辺にも飛散してるわけです。

色々試したけど、牛乳を使う以上どれだけ深いカップにしてもある程度は飛散する。

世の先人たちは蓋を付けたり、色々工夫されているようですが、
ウチもどげんかせんと。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリ


最新コメント
月別アーカイブ

全記事表示リンク